これだけは用意しておきたい!災害に備えて必要な物を知る!

あなたの日常を支える総合生活情報サイト

非常時におけるライフラインと衣食住

災害下における水の重要性と最低限用意しておくべき飲料水の具体量を提示すると共に、水道が無事な場合に取るべき緊急時の貯水方法と貯水物について言及することで、水はいかなる場面においても生命と生活を左右する非常に重要性が高いものであることを明示し災害を想定した水の備えの重要性を提言しました。

非常食を含む災害下での食事

非常時においての食料の重要性と、災害対策として備蓄しておきたい食料の目安量について触れながら、災害対策の非常食を選ぶ際に合理性のみを追求するデメリットを指摘し、食事によるストレス緩和や、防災用品の重量的な側面から水と食料の兼ね合いを考えることに関して私見を述べています。

災害を想定した水の備え

被災した状況下において、水・電気・ガス、三つのライフラインの状態はそのまま衣食住の状態に直結し、いずれか一つが欠けても大幅に状況を悪化させ、いずれか一つでも使用可能であれば大幅に状況を好転させ得る、まさに命綱の言葉に恥じないだけの能力を発揮するでしょう。

それぞれのライフラインが果たす衣食住における役割について述べていきます。

まずは水ですが、水の役割の多さは言及するまでもなく、飲用・炊事・トイレ・洗濯と衣食住の全てに影響をもたらし、水道が使用可能なだけでも、状況はかなりプラスに傾き、電気の役割も又重要性が高くオール電化の家に関して言えば、衣食住全てを左右し、オール電化でなくとも衣食住に与える影響は決して小さいとは言えず、衣には洗濯機、食には冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器、住には冷暖房といった具合に多大な影響力を持ち、水にも劣らないほどの役割を果たすほどです。

水道や電気には一歩後れを取るものの、ガスもまたライフラインに恥じない働きを果たしており、ガスコンロやボイラーを介して衣食住にメリットをもたらすため、ライフラインの集中を避ける意味でも、ガスと電気は併用をお勧めします。

災害時にこそ全てのライフラインに稼働していてもらいたいものですが、現実はそう上手くいくはずも無く、いずれかが欠けることは十分に想定され得る事態でしょう。

ちなみに各ライフラインのうち水道の代わりはききませんが、電気とガスは一部の役割(湯沸し・調理・冷暖房等)に互換性があるので、使用可能なライフラインを適切に運用することで、災害対策にお役立てください。

情報収集手段と予備知識

大規模災害に巻き込まれる事態を念頭に置き、情報収集手段を確立するための情報ツールに対する私見として、スマートフォンや携帯の長短と防災ラジオの長所を提示すると共に、非常事態において役立つ日用品の利用法の一部と、水の濾過方法についてまとめることを試みたページです。


ページ
Topへ